Voit kokeilla hoitoa osta viagra paras keino

歴史

カフェ‧アールトの歴史

カフェ‧アールトがあるアカデミア書店から中央駅の方に向かって1軒おいた隣にラウタ‧タロ(フィン語で”鉄のビル”)があります。アカデミア書店と同じく、フィンランド近代建築の父とも喚ばれているアルヴァ‧アールトの設計です。この建物は1955年に完成しました。当初”大理石の庭”と言われて評判になりました。商業空間を兼ねたオフィスビル内部の広いオープンスペースにかつてはカフェがあり、長年ヘルシンキの憩いの場として楽しまれていました。
history
1980年中頃からヘルシンキの町が徐々に国際化され、町のあちらこちらに新しいカフェがつぎつぎに生まれました。”大理石の庭”のカフェは次第に流行から外れて行きました。同時にラウタ‧タロの経営も行き詰まってきました。1985年にフィンランド建築協会はラウタ‧タロ永久保護のための嘆願を市に提出し、1991年になってようやくその嘆願が受け入れられることになりましたが、既にカフェは閉店されていました。

その後、カフェにで使用されていたアールトデザインの家具は競売にかけられることになりました。この時ストックマンデパートが全てを買い取りアルヴァ‧アールト財団に寄付しました。そして、ストックマンが同じくアールト建築によるキルヤ‧タロ(フィン語で”本のビル”。1969年)の中にカフェをオープンすることになった時、アールト財団は寄付された家具を使用する許可を与えました。カフェはロイ‧マンッタリによってデザインされ、また、エリッサ‧アールト未亡人によってアールトという名の使用を許可されました。アルネ‧ヤコブセンの手による”アリの椅子”もインテリアの一つになりました。

カフェオープンのための全ての用意が完了した時、マイヤ‧リーサ‧シェーベルグがその店主になり、1986年11月16日に開店しました。現在は彼女の息子、マルコ‧サラシーノ(お父さんはイタリア人)がその経営を引き継ぎ現在にいたっています。